FORTIS (フォルティス) 体験型音楽WEBメディア

Everyone is an artist ...

「unravel/TK from 凛として時雨『東京喰種トーキョーグール』OPテーマ」のASTERISM(アステリズム)超絶技巧インスト・メタルカヴァーMV公開!

MV監督による前代未聞のインストリリックビデオ制作インタビューあり。

<ヘヴィメタルの新境地開拓>を目標に掲げる、若き超絶技巧インスト・メタルバンドASTERISM(アステリズム)が、2022年6月22日に「unravel / TK from 凛として時雨 『東京喰種トーキョーグール』 OPテーマ」インスト・メタルカヴァーを前作「廻廻奇譚/Eve『呪術廻戦』OPテーマ」に続き“インストリリック”という演出で公開した。
リリックビデオは、通常、ボーカルの口の動きとリリックのタイミングを合わせて表示する演出だが、インストリリックビデオはギター、ベース、ドラムから出る音を曲に沿った擬音で表現する演出となっており、インスト・バンドのASTERISMらしいギミックとなっている。

■YouTube
ASTERISM – unravel (InstruMetal version)(読み:インストゥルメタルヴァージョン)


■GAC監督 制作インタビュー
「メタルバンドのMVを…」と初めて声をかけて頂いた時に想像したイメージとは全く違うものが出来上がりました。
ASTERISMの曲を初めて聞いた時、声が聞こえるというか、まるでそれぞれの楽器が歌っている(叫んでいる)かのような錯覚に陥りました。
自分がよく知っている曲ということもあるのですが、ギター・ベース・ドラムだけでこんな表現が出来るのか…と衝撃を受けたのをハッキリと覚えています。
そんなASTERISMサウンドのMVをどのように組み立てて行けば良いのかとても悩みました。いわゆる「ザ・メタルMV」ではないことは確かだったのですが、何かASTERISMの魅力を別の形で表現できないかと。。。

そんな中で弊社spirotの企画ブレスト会議の休憩中にふと湧き上がったのが「インストバンドだけど、リリックムービーにできないか?」という一つのアイデアでした。

昨今、日本で主流となりつつあるリリック動画は一つの日本文化(だと自分は思っています)であり、海外の方にもその面白さや情緒的な部分を感じて頂けるのではないか?
また今回の楽曲はアニメ主題歌のカバーということあり、奏でる音が声に聞こえるという印象と、若さ溢れるアグレッシブさ+超絶技巧をパッケージングするには持ってこいのコンセプトなのでは?長い休憩の中で話は盛り上がり、一気にコンセプトが決まりました。

更に関係各所の皆さんと話を重ね、それを基軸にしたMVを組み上げることになりました。これが「インストリリック」の生まれた瞬間だと思います。

初めてメンバーの3人にお会いしたのはMV撮影の時で、それぞれが温和な雰囲気の持ち主でこんな図太い音を掻き鳴らすようには見えなかったのですが、プレイが始まった瞬間にその意識が吹き飛びました。

とてもハードな撮影だったのですが、素晴らしいパフォーマンスの連続でモニターを見ていて本当に楽しかったですし、事あるごとに鳥肌が立ちました。
その温和な一面と表裏一体の熱のあるアグレッシブな演奏を感じてもらいたい。
今回の廻廻奇譚カバーMVではそんな一面も瞬間的に折り込みながら、原作コミックスやアニメ作品のようなイメージをベースにしながらリリックを乗せてみました。
裏話ですが、このリリックはASTERISMメンバーに書き起こして頂いています。
ただの擬音ではなく、曲に沿った音の視覚化=リリックというところがポイントなので、本人たちに聞こえている音のイメージを是非一緒に感じて頂ければと思っています。
また、制作する中で難しかったのが「英語での表現」という部分でした。

当初、音の英字リリックを直感的に感じ取ることが非常に難しく、「これは果たして合っているんだろか。。。」と首を捻ることがあったのですが、制作が進むにつれ、段々と脳内でカタカナに置き換えて映像を見ている自分がいて、それはとても不思議な感覚でした。

海外の皆さんにはこれがどう映っているのか、どう感じているのか、よかったら是非教えて頂きたいなと思っています。
長くなってしまいましたが、簡潔に言えば、、、「大変だったけどメチャクチャ楽しかった!」そんな一言に尽きるかなと。
ディレクター:
中田 岳 / GAC(spirot inc. )  
 

■メンバーコメント:
HAL-CA(Gt)
初の試みだったインストリリックシリーズですが、ギターの音をリリックに起こすというのは想像以上に難しく、実際に歌ってみたりしながら書きました。
今の音はジュクジュクなのかズクズクなのか、とか(笑)。
どっちの方がより音と合っているかな、なんて考えながら書いていると、弾いたり聴いたりするだけじゃ気がつかないぐらいの沢山のニュアンスが1本のギターの中にあることに気づきました。
リリックを見ても、その細かいニュアンスの違いみたいなものが伝わるように意識してオノマトペを作っていきました。
MVの映像と合わさったリリックを見た時は感動しました!

MIYU(Ba)
インストリリックビデオということで自分の弾いている音を文字起こしする際、ずっと「デュデュデュ」みたいな同じ文字を書いていると、ゲシュタルト崩壊を起こして、何を書いているのか本当にわからなくなってしまうことがあって苦戦しました(笑)!
そうして出来上がったインストリリックが、僕達の演奏と凄くカッコよくマッチした仕上がりになったので、是非皆さんにも見て欲しいです!

MIO(Dr)
ドラムの音を実際に文字に変換してみると、軽いタッチや重いタッチだけではなく、シンバルやスネアなどが重なり合う部分だったり、組み合わせの違う様々な音をどう表現しようかと悩みました。悩んだ結果、実際にドラムの動きをやってみたり、全身を動かすことでニュアンスをつかみ、文字にできました。臨場感あるインストリリックになったと思います!

HAL-CA(Gt)19歳、MIYU(Ba)20歳、MIO(Dr)22歳は、2014年から"ヘヴィメタル"を通して、SNSで世界中の音楽ファンと交流を続けていたが、新たな挑戦として、日本を代表する文化の1つであるアニメとASTERISMの超絶技巧インスト・メタルアレンジを掛け合わせた新境地で世界に挑む。

『Animetic』(読み:アニメティック)の収録曲は、00年代以降の日本を代表するアニメ作品のテーマソングの中からメンバー自身がセレクトしたもの。
「廻廻奇譚/Eve『呪術廻戦』OPテーマ」や「unravel/TK from 凛として時雨『東京喰種トーキョーグール』OPテーマ」「狂乱 Hey Kids!!/THE ORAL CIGARETTES『ノラガミARAGOTO』OPテーマ」など、世界的な評価を誇る合計9曲が、ASTERISMのインスト・メタルアレンジにより変貌を遂げる。

■『Animetic』収録曲:
M1: 廻廻奇譚 (InstruMetal version)
・『呪術廻戦』OPテーマ・Original Song by Eve
M2: unravel (InstruMetal version) 
・『東京喰種トーキョーグール』OPテーマ・ Original Song by TK from 凛として時雨
M3: 空に歌えば (InstruMetal version)
 ・『僕のヒーローアカデミア』OPテーマ・ Original Song by amazarashi
M4: ポラリス (InstruMetal version)
 ・『僕のヒーローアカデミア』OPテーマ・Original Song by BLUE ENCOUNT
M5: 狂乱 Hey Kids!! (InstruMetal version) 
・『ノラガミARAGOTO』OPテーマ・Original Song by THE ORAL CIGARETTES
M6: シルエット (InstruMetal version) 
・ 『NARUTO-ナルト-疾風伝』OPテーマ・ Original Song by KANA-BOON
M7: asphyxia (InstruMetal version)
・『東京喰種トーキョーグール:re』OPテーマ・Original Song by Cö shu Nie
M8: 君の知らない物語 (InstruMetal version)
 ・「化物語」EDテーマ・ Original Song by supercell
M9: Next 2 U -eUC- (InstruMetal version)
・『機動戦士ガンダムユニコーン RE:0096』EDテーマ・Original Song by SawanoHiroyuki[nZk]:naNami

■商品概要:
 

アーティスト:ASTERISM
タイトル:『Animetic』
リリース日:2022年9月9日(水)
形態:全世界配信リリース

第1弾先行配信シングル
「廻廻奇譚」全世界配信リリース
https://orcd.co/asterism_kaikaikitan

第2弾先行配信シングル
「unravel」全世界配信リリース
https://orcd.co/unravel_asterism

■ライブ
▽ANTIKNOCK pre.【Cinderella time vol.7】
開催日時:2022年6月28日(火) OPEN 17:30 | START 18:00
会場:東京 | 新宿ANTIKNOCK
▽ROCK STEADY -上京リベンジャーズ-
開催日時:2022年7月12日(火) OPEN 18:30 | START 19:00
会場:東京 | shibuya eggman
▽R.A.D presents "AUTHENTIC" MouthPeace "SUPER GENERATION TOUR 2022"
開催日時:2022年7月26日(火) OPEN 18:00 | START 18:30
会場:愛知 | Live House 栄R.A.D
▽Sound Exhibition vol.3 -RE : ILLUSION PARADISE-
開催日時:2022年8月11日(木 | 祝) OPEN 15:00 | START 15:30
会場:群馬 | 桐生VAROCK

■プロフィール:
 

【HAL-CA(ハルカ):Gt・19歳】 【MIYU(ミユ):Ba・20歳】 【MIO(ミオ):Dr・22歳】からなる、福岡・佐賀出身の3ピース・インストメタルバンド。
HAL-CAは父親の影響で幼少の頃からハードロックを聴いて育っており、10歳の時にギターを始める。
MIOとMIYUの兄弟もバンドをやっている父親の影響で幼い頃から様々な音楽が流れる環境の中で育ち、兄・MIOは5歳の頃からドラムを、弟・MIYUも7歳の頃からベースを始める。
RECやLIVEの際には各々のパートに従事するものの、作曲の際には自身の担当パートの枠を超え、メンバー各人がそれぞれ作曲を行うこともある。
2014年に開催されたヤマハグループ主催の音楽コンテストをきっかけに出会い、結成。
2016年にはジェームスブラウンのバンド“JB‘S” のブーツィー・コリンズ氏にインフルエンスされたことをきっかけに、バンドの公式Facebookページ内にアップした動画「155」の累計再生回数が13,000,000回を突破した。
2017年には徳間ジャパンよりメジャーデビュー後、国内はもちろん、2019年には「サウス・バイ・サウス・ウェスト」出演やUSツアー・アジアツアーを開催するなどワールドワイドに活動。
コロナ禍によりLIVE活動を制限された悔しい日々が、奇しくも自身の音楽性を見つめ直し磨き上げる期間となった結果、結成以来取り組んできた「ヘヴィメタルの新境地開拓」を目標と掲げるに至る。
2022年春、この目標を果たすべく東京に拠点を移し、本格再始動する。