FORTIS (フォルティス) 体験型音楽WEBメディア

Everyone is an artist ...

”全ての過去があってこそ今の自分がいる”バイオリニストでありデザイナーでもある唯一無二のアーティスト YUU (ユウ) の素顔に迫る!~ Chapter3(最終回)~


// いよいよ今回の記事が最終章!バイオリニスト・デザイナーとして活動するYUUさんにお話しを伺いました //
(Interviewer:KAYO / Writing:NERO)

Chapter1 はこちら↓
YouTube1動画の再生回数は脅威の500万回!YUU (ユウ) の素顔に迫る!

Chapter2 はこちら↓
“ 自由であることを恐れずに、やりたい事を実現してほしい “ バイオリニストでデザイナーでもある唯一無二のアーティスト「YUU」の素顔に迫る!


【 多才が故のアーティストとしての活動スタンス 】

― それでは、YUUさんのアーティスト活動のスタイルについてお聞きしたいと思います。プロダクションに所属されない独自でのアーティスト活動と、複数の事を手掛けられているYUUさんの多才な才能についてお聞きしたいと思います。

YUU:そうですね、芸能プロダクションや音楽事務所には所属してないんですけど、別にあえてそうしているとか断っているとかではなくて…。単に良いご縁に出会えていないだけというか…。(笑) YouTubeでの活動にあたって、一時期YouTuber事務所のようなところに所属していた時期もあったんですが、そこはいったん契約が満了して、今は無所属です。特定のバンドへの参加なども含めて、形に至るまでのご縁がなかなか無いというのが正直なところで、特にそこに関しては拘りがあって1人を貫いているとかではないですね。…あ、そういうことにしといたほうがカッコよかったかな?(笑)

― あっ(笑) でも演奏はもちろん、アーティストとしてご自身をプロデュース目線で客観的に見る事だったり、それでいて制作もこなす、一概には出来ない事だと思います。

YUU:そのように言っていただけるのはありがたいことですね。ただ実際、僕自身はあまり自覚はなくて。何でも出来る訳ではないし、自分が出来る事、やりたいことをやっているだけ。自分の中ではそういうイメージなんです。ただ、やりたいって思ったら集中して突き詰める、というか、できるまでやるタイプの性格なので、結果として何でもできるみたいに見えてる部分はあるのかもしれませんね。例えばバイオリンでレコーディングをする、場合によってはバックトラックも作って、それをトラックダウンして、動画の撮影と編集、ミュージックビデオとして完成させてWebで公開。あとはイベントやグッズ制作、セルフプロデュースなんかの部分も含めてほぼ全てを自分で手掛けていますが、それも実際もうかれこれ10年くらい続けてきているので、そりゃ10年もやってたら多少は色々できるようになるんじゃない?っていう。(笑) 

ー さらっとお話いただいていますが、自身でトラックダウンまでこなす事ってとても凄い事だと思います。才能をお持ちなのは当然でしょうが、出来るまでやりきる、という精神、きっと他者には見せない努力を積み重ねているからこそだと思います。

YUU: 僕だって最初のうちはもちろん失敗ばかりでしたよ。ネットで一生懸命調べて試行錯誤しながら、トライアンドエラーの繰り返し。それは今もそうですけどね。当時は機材も揃ってなくて、バイオリンの録音も会議で使うようなボイスレコーダーを使っていたんです。ボイスレコーダーでバイオリンの音を録って、それを無料のフリーソフトでトラックダウンする。動画も最初はウェブカメラを使って撮影してました。そういった時期を経て、少しづつ機材も、自分の技術もアップデートしながらやってきて今があるって感じですね。今だけを見て頂いたら、いろんなことができて凄い、と思っていただけるかもしれませんが、最初からそうではなかったし、きっと同じだけのことをすれば誰でもできるんじゃないかな。


【デザイナーでもあるYUUの素顔とは】

ー 続けてYUUさんのデザイナーとしてのヒストリーを教えてください。

YUU:もともとは中学生くらいの頃かな、ようやくインターネットが流行り始めた頃、あ、年齢バレるかな?(笑) その頃にパソコンに夢中になって、ホームページを自分で作ってみたり、当時好きだった漫画のファンサイトみたいなのを作ったりしてました。自分でイラストも描いて、「今週号はここが面白かった」みたいな感想を載せるの(笑) 今考えるとそういった部分でデザインやクリエイティブ的なところとか、そういう昔からの趣味の積み重ねが活きているのかな、とは思いますね。同時にバイオリンを習い事でやっていた訳ですけど、当時はバイオリンを仕事にしようとは全く思ってなくて、あくまで特技みたいな感じで捉えていて。どちらかというと好きだったウェブ系やデザインとかを仕事にしたいなって思ってました。

ー なるほど、でも本来は趣味であったデザインやホームページなどの制作も、他者へ還元する、即ち仕事への転換となると確かなクオリティやセンスを伴うことが必要で、そういった意味でYUUさんは本当に多才なんだと改めて実感いたします。

YUU: いえいえ、本当にただ好きなことを続けてきただけなんですが、それが今の活動や仕事につながってくれているのはありがたいことですね。あとゲームが昔から本当に好きなので、ゲームのお仕事とかできたらいいな…なんて思いながら学生時代を過ごしていたんです。因みに中学生の頃はテニス部とバスケ部でしたね。幽霊部員でしたけど。その頃は本当に音楽系の部活に入るという発想すらなくて。高校でバイオリンの楽しさに目覚めなかったらほんとにどうなっていたことか…あ、デザイナーについてのお話でしたっけ(笑) デザインに関して言うと、実はWeb制作系の会社に勤めていた事もあるんですよ。

誰もが知っているような企業さんやメーカーさん、ゲーム会社さんなんかとも制作で関わっていました。そこではディレクター枠での入社だったのでデザイナーではなかったんですけど、デザインはずっと好きだったので、ディレクターとしての仕事をしながらデザイナーの先輩にデザインの考え方やノウハウを教えてもらったりもして。現場のプロから直接教えてもらえたのはかなり大きいですよね。そういった経験も今に活きているのは確かですね。

今もフライヤーやグッズだったり、動画のサムネイルなどなどデザインに関するものは基本的に全て自分でデザインしています。映像の撮影現場では、僕が自ら撮影のディレクションをとることもあったりしますし、ディレクターとしての経験も少しは役に立ってるのかな。その会社はもうだいぶ前に辞めてしまいましたが、そのデザイナーの先輩とは今でも交流があります。結局は自分がこれまで経験してきたもの全てが今の自分を創っているんだと感じますね。


― テニス部とバスケ部、確かに今のYUUさんからは想像できない…、その頃のYUUさんにお会いしたいです (笑)   でも実際にデザイン会社で業務としてのご経験もおありなんですね、例えばYUUさんのアーティストロゴも自作なのでしょうか。

YUU:そうです。基本的に僕が自分の活動で出させていただいているものはほぼ全部自分でやっていますね。

― それすごいなあ。

YUU:好きだったり趣味でやっていた事も全てが今に活きているし、ちょっと嫌々ながらやっていたバイオリンも、仕事も、結局今では自分にとって欠かせないものになって、本当に自分が人生で歩んできたこと全てがもれなく繋がっている。クラシックも元々あまり好きではなかったという話をしましたが、教室でクラシックを学んで技術を身に着けたからこそ、今それを応用して他のジャンルの曲も自由に弾くことができている。全て今に繋がっているんです。みんなにも色々な過去があると思いますが、自分のこれまでの経験全てを大事にして今を生きてほしいですね。

― いいお話ですね。あまりいい経験ではない辛い経験であっても、全ては繋がり後にその経験が活きてくる。

YUU:そうですね。すべてが繋がっていると思います。失敗もあったからこそ今があって。成功だけだと気付けない事もたくさんあると思うんです。失敗した過去、辛かった過去、嫌な過去、全てがあってこそ今の自分がいるという事ですね。

― ありがとうございます。


【FORTISの読者へむけたメッセージ】

― 最後に、FORTIS 読者に向けたメッセージをお願いします。

YUU:この記事で僕を初めて知ってくれた方も多いと思いますし、良ければぜひ僕の動画を見ていただければと思います。それで何か少しでも感じてもらえたり、こういうのもありなんだ、って思ってもらえたら嬉しいです。さらにはそれを自分に落とし込んでもらえたり、みなさんの人生が少しでも良い方向に変わってくれたらもう言うこと無しですね。いつか機会があればライブやイベントでみなさんにお会いしたいです。その時を楽しみにしています。



・・・ 取材後記 ・・・
出会って一瞬にして私たちはYUUの世界に引き込まれ、未だに抜け出せないわけだが、勝手にイメージしていた奇抜さや近寄りがたいオーラは全くなく、温厚で従容たるその振舞いは、YUUというアーティストを深く知る上で何ら苦労はなかった。
終始、我々がもてなされているような感覚の中で、語る言葉一つ一つから伺えるその英明さや、アーティストとしての計り知れないセンスに触れ、さらには、説明は不要だろう、その彼があの音色を奏でるのだからたまらない。もしこの社会に音楽偏差値なるものが存在したら、YUUは間違いなく80オーバーだろう。バイオリンのテクニックは当然の事、楽器やペンを自分の体の一部のように使いこなし、人々に語り掛ける。きっとYUUは生れながら自身に起こる理(ことわり)を遍く受け入れ、たとえそれが苦痛な物であっても、あたかも当然の事ように全てを自分の経験値に変えてゆく。そして全身全霊で自身を表現する事で、それに触れる人々を先導し救いを齎す。
あえて言おう、YUUは現世のエバンジェリストなのかもしれない。
(Writing:NERO)


Chapter1 はこちら↓
YouTube1動画の再生回数は脅威の500万回!YUU (ユウ) の素顔に迫る!

Chapter2 はこちら↓
“ 自由であることを恐れずに、やりたい事を実現してほしい “ バイオリニストでデザイナーでもある唯一無二のアーティスト「YUU」の素顔に迫る!


もっと「YUU」の事を知りたければこちらをチェック!!

YUU / ユウ(Violinist , Designer)
YouTube https://www.youtube.com/user/YuuVioli...
twitter https://twitter.com/yuu_violin