FORTIS (フォルティス) 体験型音楽WEBメディア

Everyone is an artist ...

28回目を迎えるコンテンポラリーダンスの祭典 「ヨコハマダンスコレクション」コンペティションのファイナリスト決定!

公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団

横浜赤レンガ倉庫1号館を拠点に毎年開催されている「ヨコハマダンスコレクション」は、世界的な振付コンクールの日本プラットフォームとして1996年にはじまり今回で28回目を迎えます。500組以上の振付家を世界に送り出したコンペティションのほか、近年の受賞者による公演、世界的に活躍する振付家による新作、海外のフェスティバルとの連携など、多彩なプログラムで構成されます。
このコンペティションは、振付家やダンサー等が構成、演出、技術のみならず新たな表現の可能性に挑む場であり、創造性に基づく対話・交流のプラットフォームです。
今回は4月8日(金)から6月10日(金)まで公募を行い、14の国・地域から計121組の応募がありました。映像・書類審査会を経て決定した18組(コンペティションI:8組、コンペティションⅡ:10名)が、2022年12月にファイナリストとして上演審査にのぞみます。

  • コンペティションⅠ ファイナリスト

上演審査:2022年12月3日(土)、4日(日) 横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホール

■ファイナリスト 8組 ※五十音順 ※振付家名(出身地)『作品名』
(写真上段左から)
・池上楓子(埼玉県)/中村たから(岩手県)『Puppenhaus』
・小倉 笑(岐阜県)『M2』
・小野彩加(埼玉県)/中澤 陽(東京都)『バランス』
・四戸賢治(岩手県)『ORGARHYTHM』
(写真下段左から)
・寺杣 彩(東京都)『オアシスサン』
・LASALLE Dance(マレーシア)『So-PAN』
・Liu I-Ling(台湾)『... and, or...』
・Nguyen Duy Thanh(ベトナム)『Than』

  • コンペティションII 新人振付家部門(対象:日本在住の25歳以下)ファイナリスト

上演審査:2022年12月1日(木)、2日(金) 横浜にぎわい座 のげシャーレ

■ファイナリスト 10名 ※五十音順 ※振付家名(年齢/出身地)『作品名』
※年齢=2022年6月 応募時点
(写真上段左から)
・秋田乃梨子(23/広島県)『ボディジャック』
・今井亜子(24/神奈川県)『巡る』
・オカダヒロエ(24/神奈川県)『シリアルボーイ』
・北村 桜(23/東京都)『真夏の家路』
・斎藤健一(24/埼玉県)『回転プロダクション』
(写真下段左から)
・SHIon(22/埼玉県)『遠音にとべぬ蛾』
・松崎桃子(23/京都府)『サーキュレーション』
・宮 悠介(24/新潟県)『かたち』
・三輪麗水(21/埼玉県)『終い方』
・安永ひより(21/茨城県)『あぶくの音』

  • 賞及び審査員

■コンペティションI
審査員賞
[副賞]翌年以降の「ヨコハマダンスコレクション」での上演及び賞金40万円(創作活動補助金)

若手振付家のための在日フランス大使館・ダンス リフレクションズ by ヴァン クリーフ&アーペル賞
[副賞]フランスでのレジデンスプログラム

城崎国際アートセンター(KIAC)賞
[副賞]城崎国際アートセンターでの滞在制作の機会を提供

アーキタンツ・アーティスト・サポート賞
[副賞]スタジオアーキタンツでのクリエ―ションに使用するスタジオを提供

審査員(五十音順)
・梅田宏明(振付家、ダンサー、ビジュアルアーティスト、横浜赤レンガ倉庫1号館振付家)
・岡見さえ(舞踊評論家、共立女子大学文芸学部准教授)
・北村明子(振付家、ダンサー、信州大学人文学部教授)
・近藤良平(コンドルズ主宰・振付家・ダンサー・彩の国さいたま芸術劇場 芸術監督)
・多田淳之介(演出家、東京デスロック主宰)
・浜野文雄(新書館「ダンスマガジン」編集委員)
・サンソン・シルヴァン(在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本 文化担当官)
・シモン・ホレンベルジェ(アンスティチュ・フランセ横浜 館長)
※城崎国際アートセンター(KIAC)賞及びアーキタンツ・アーティスト・サポート賞の審査員は、各団体の担当者が務めます。

■コンペティションII
最優秀新人賞
[副賞]作品創作支援及び翌年の「ヨコハマダンスコレクション」での上演をサポート

アーキタンツ・アーティスト・サポート賞
[副賞]スタジオアーキタンツでのクリエ―ションに使用するスタジオを提供

審査員(五十音順)
・ヴィヴィアン佐藤 (美術家)
・加藤弓奈 (急な坂スタジオ ディレクター)
・北尾 亘 (Baobab主宰・振付家・ダンサー)
・浜野文雄 (新書館「ダンスマガジン」編集委員)
※アーキタンツ・アーティスト・サポート賞の審査員は、団体の担当者が務めます。

  • ヨコハマダンスコレクション2022開催概要

会期:2022年12月1日(木)~12月17日(土)
会場:横浜赤レンガ倉庫1号館、横浜にぎわい座 のげシャーレ、象の鼻テラス、関内ホール
主催:横浜赤レンガ倉庫1号館[公益財団法人横浜市芸術文化振興財団]
※詳細はヨコハマダンスコレクションWEBサイトで発表します。
https://yokohama-dance-collection.jp/